にいがた暮らし

トップページ


にいがた暮らし トップ>移住へのステップ

にいがた暮らし 移住へのステップ

生活する住宅や取り組む仕事がはっきりすれば、実際の暮らし方が決まります。
暮らす地域について知ることも大切です。
新潟県での暮らし方が決まれば、「にいがた暮らし」のスタートまで、あと少しです。



古民家を改修してにいがた田舎暮らし 農のあるにいがた暮らし 地域の仲間と地域づくり活動

「にいがた暮らし」をはじめるにあたって、新潟県での暮らし方を決めましょう。
拠点となる住宅をはっきりさせることで、日々の生活の行動範囲が明確になります。
アパート、1戸建ての貸家、マンション、空き家のリフォーム、新築住宅等、様々な選択枝があります。住宅関係団体に相談して自分の生活にあった住宅を探してみましょう。県内の市町村ではホームページ等で、地域にある空き家情報の提供を行っていたり、住宅の新築や改築に助成しているところもあります。また、県や市町村が設置する県営住宅や市町村営住宅に入居できる場合もあります。

取り組む仕事を決めて、準備をしたり、必要なものを用意することも大切です。
仕事が決まっていない方は、県外だけではなく、県内にある相談窓口にも足をはこんでください。
県内の企業に就職される方は、通勤方法を決め、自家用車を用意する必要がある場合もあります。
自分で農業をはじめる方は、農作業の進め方や作業計画、資材の入手等について検討することになります。
また、自分であたらしく事業を起こす方は、資金や設備の準備が必要ですが、「(財)にいがた産業創造機構」での創業支援を受けられる場合もありますので、相談してみてください。

時間に余裕のある方は、地域づくり活動やボランティア活動への参加を検討してみてはどうでしょう。
実際の暮らし方が決まれば、県外や短期の訪問ではわからない医療や福祉、教育をはじめとした地域の情報を得ることができ、より円滑に「にいがた暮らし」をはじめることができます。


もっと詳しく知りたい方はこちら


次のステップへ










ページの上へ戻る