にいがた暮らし

トップページ


にいがた暮らし トップ>世代別で見る「にいがた暮らし」30代

世代別で見る「にいがた暮らし」


にいがたで働く

起業・就農をにいがたで!

これまでとは、異なる土地で、自分で仕事をはじめてみたいという方は、新潟県で起業や就農に挑戦してみてはいかがでしょう。
新潟県で起業するときには、NICO(にいがた産業創造機構)などの支援があります。
新潟県で新しく仕事を始めるなら「農業」という方には、稲作や野菜、果樹など就農する分野に応じた支援を受けることができます。



 

 

新潟県青年農業者等育成センター

〒950-0965 新潟市中央区新光町15番地2 新潟県農林公社内

TEL 025-281-3480 FAX 025-281-3481

URL:http://www.n-ikusei.jp/

就農サポート

URL:http://www.pref.niigata.lg.jp/keieifukyu/
1221501754367.html

財団法人にいがた産業創造機構

〒950-0078新潟市中央区万代島5-1万代島ビル9F
TEL 025-246-0051 FAX025-246-0030
URL:http://www.nico.or.jp/modules/list/sougyo/

 


移住に関する流れ・お問い合わせなどはこちら


にいがたで住む

持ち家や賃貸住宅で生活!

新潟県の持ち家率は73.9%と全国5位!新潟県なら持ち家のある生活が可能です。また、マンションや賃貸住宅も多くあるので、自分の生活スタイルに合わせた居住を選択することができます。

※出典:平成20年住宅・土地統計調査



 

(社)新潟県宅地建物取引業協会

TEL 025-247-1177

http://www.niigata-takken.or.jp/

(公社)全日本不動産協会新潟県本部

TEL 025-230-3288

http://niigata.zennichi.or.jp/


移住に関する流れ・お問い合わせなどはこちら



にいがたで育てる

子育て・女性の働く環境が整う新潟

新潟県は待機児童数が3人(全国平均544人・東京都7,855人)と保育施設が充実しています。そのような環境もあり、女性の勤続年数は11.3年(全国平均9年)と全国1位です!

※出典:厚生労働省報道発表資料(平成23年4月1日現在)

 

ごきげんベイビィ
http://www.pref.niigata.lg.jp/kenko/gokigenbaby.html

家庭・子育て・青少年
http://www.pref.niigata.lg.jp/katei.html

移住に関する流れ・お問い合わせなどはこちら


にいがたの休日

家族で楽しむ休日

新潟県は、スキー場(73か所)や海水浴場(65か所)や、キャンプ場などで、家族と自然に囲まれた休日を過ごすことができます。 また、整備された高速交通ネットワークを利用して、県内各地で行われる花火やお祭りなどの行事に訪れて、その土地ならではの食や文化で休日を楽しんでみてはどうでしょう。

にいがた観光ナビ

http://www.niigata-kankou.or.jp/index.html


にいがた暮らし「市町村情報」

data/

移住に関する流れ・お問い合わせなどはこちら


にいがたの雪

雪のある生活

新潟県は降雪地域ですが、その量は平野部と山間地域で大きく異なります。 また、冬期間の道路除雪体制が整備されているため、通勤・通学等の生活に大きな影響が出ることはほとんどありません。

これまで雪のない土地で暮らしてきた方は雪への心配かが大きいかもしれません。しかし、「雪への不安」はかなり解消されています。


新潟県の雪情報

http://www.chiiki.pref.niigata.jp/yuki/

移住に関する流れ・お問い合わせなどはこちら



移住に関する流れ・お問い合せなどはこちら












ページの上へ戻る